鉱石表面のラマン観察

通常の光学顕微鏡画像にラマン画像を重ねて表示しています。(RAMANforce標準搭載機能)

励起波長
532 nm
対物レンズ
20 倍 (NA=0.45)
スペクトル数
52,000 (130(x)×400(y))
測定時間
1分
鉱石表面のラマン観察