バターの水分分布の高速ラマンイメージング

▼ バター表面における脂肪分と水分の分布
バター表面における脂肪分と水分の分布
: 脂肪分
: 水分
光源波長
532 nm
対物レンズ
60倍 (NA=1.00)
測定時間
6分
 

上の画像は、スライドガラスにはさんだバターのラマンイメージです。高速ラマンイメージングを用いれば、室温で柔らかくなるような試料中の小さな水分の分布も、特別な冷却装置を用いることなくそのまま測定することが可能です。染色などの特別な前処理も不要で、誰でも簡単に測定することができます。

 

微小な水滴の分布を確認

▼ 脂肪分のみのラマンイメージ
脂肪分のみのラマンイメージ


▼ 水分のみのラマンイメージ
水分のみのラマンイメージ


▼ 選択領域内の平均ラマンスペクトル
  (:脂肪分、:水分)
選択領域内の平均ラマンスペクトル

画像内の矩形領域の平均スペクトルを抽出し、比較できます。

 
左の画像は、脂肪分と水分、それぞれの分布を表したラマンイメージです。水分の分散サイズは小さいものでは1μmを切っていますが、高い空間分解能と感度をもつRAMANforceであれば、はっきりと水分の存在箇所を確認することができています。イメージ中の任意の領域を選択すれば、その領域の平均ラマンスペクトルを取り出して、比較したり差分を取ったりすることが可能です。