レーザーラマン顕微鏡 RAMANtouch

これが、ラマンの新しいかたち。 RAMANtoucu

分光分析とレーザー走査顕微鏡のプロであるナノフォトンが開発した、世界最速、最高画質を誇るレーザーラマン顕微鏡 RAMANtouch。基本に忠実に設計された光学系により、理論値に迫る高い性能を発揮します。光学系を狂わせる原因をすべて取り除いた設計は、日々の光軸調整やメンテナンスを不要としました。

ハイパフォーマンス

サブミクロンスケールの成分分布を鮮明に捉える、350nmの空間分解能(532nm、100x/0.90NA使用時)。ライン照明とレーザービーム走査による超高速イメージング。高分解能かつ高精度な分光性能。レーザー顕微鏡のプロが設計すると、ラマン分光のパフォーマンスはここまで上がります。

カーボンナノチューブのラマンイメージ

回折限界。

350nmの空間分解能を保証

平面方向で350nmの空間分解能を保証。回折限界に迫る性能で、試料の構造や分散をサブミクロンスケールで捉えます。



>空間分解能についてさらに詳しく



ライン照明で400スペクトル同時検出

超高速。

ライン照明で400スペクトル同時測定

レーザーをライン状に延ばす独自の光学系を採用。400スペクトルを一度に測定することで、圧倒的な高速イメージングを実現しました。


>ライン照明についてさらに詳しく




レイリー光の半値全幅とSiのピーク位置決め精度

高分解能。

狭線幅レーザーと500mm分光器を搭載

線幅の狭い高品質レーザーと、焦点距離500mmの分光器を内蔵。スペクトル分解能もピーク位置決め精度も、高分解能かつ高精度。


>分光性能についてさらに詳しく