第3回会長室から『熟れすぎた林檎』

代表取締役会長 河田 聡

創造的破壊と言う言葉にはいろんな理解の仕方があると思いますが、Steve Jobsの場合は、スタートアップによる新製品創造が既存大産業の製品を破壊することにあったようと思います。そのモデルは彼の最も尊敬した盛田昭夫さんのかつてのソニーに通じています。

AppleのMacintoshはIBMや富士通、NECなどのメインフレームコンピュータ産業の衰退を生み、iPodはレコードプレイヤーやCD産業に引導を渡し、iPhoneはガラケーを含む携帯電話産業に終焉させ、日本の大企業はもとよりノキアやモトローラに大きなダメージを与えました。PDA(パームやザウルス)、ウオークマン、コンパクトカメラ、ICレコーダー、小型カメラ、電卓、ゲーム機、辞書(電子辞書を含みます)、手帳、住所録など、なんでもかんでもiPhoneにまとめてしまいました。もはやかばんの中はすっきりしています。特に、アプリという概念が凄いと気づかされました。

30年以上のAppleファンの私は、Apple製品のほとんどを発売日に並んで購入してきました。ところが、Steveが亡くなってたった数年で、彼のアイデアの遺産は使い切ってしまったようです。新製品の発表は今も毎年同じ時期に行われますが、以前の破壊力がないように思います。かつてコンピュータメーカーやオーディオ産業、電話機器業界を破壊した攻撃力と危険性がないのです。iPhone 8とX、Apple Watch 3はいづれも優れた製品だと思いますが、これまでの自社製品の改良に過ぎません。これでは破壊どころか誰も傷つきません。彼が生きていれば、次の標的はテレビ業界だったろうと言われています。AppleTVはテレビ放送産業、すなわちテレビ局とテレビ受像器メーカーを破壊したはずです。しかし彼は志半ばで亡くなってしまいました。Steveが生きていればAppleWatchは認めなかったのではないでしょうか。iPadのスタイラスも許さないだろうように思います。それらの破壊力は足りない気がします。

私はSteve Jobsの発想に大きな影響を受けています。ナノフォトンの新製品開発のコンセプトには、もともと他社との比較や競争はありません。自社製品の改良が目標でもありません。やるべきことは、創造的破壊なのです。GFPや超解像顕微鏡のノーベル賞などに代表される「蛍光」顕微鏡が生物観察用顕微鏡として大きな興味が持たれていたときに、ナノフォトン社は「ラマン散乱」顕微鏡を発表しました。顕微振動分光分析と言えば「顕微赤外」装置と相場が決まっていたのに、ナノフォトン社は「ラマン散乱」顕微鏡を発表しました。学術界で「非線形ラマン散乱」顕微鏡に注目が集まっていても、ナノフォトン社は「spontaniousラマン散乱」の顕微鏡を開発しました。他社がナノフォトンの「ライン照明」を採用し始めてたとき、ナノフォトン社は「広視野超深度」のラマン散乱顕微鏡、RAMANviewを発表しました。常にパイオニアであることを使命として、新製品を開発しています。

問題は、資金が足りないことです。全く新しい原理に基づく装置はユーザーの人たちにも新規的すぎて、なかなか売れ行きに繋がりません。資金が足りないことの結果として、破壊力が足りないと反省しています。創造性はあっても破壊に繋がるには資金が必要だとつくづく思い知らされています。もう少し経営とかビジネスのセンスを学ばなければと思う一方、それでは未知の世界と挑戦する科学者としてのセンスを失わないだろうかと悩みます。これからもご支援をお願いします。

2017年10月13日
ナノフォトン株式会社
代表取締役会長 河田 聡

ADMETAPlus 2017に参加します。

ADMETAPlus(Advanced Metallization Conference2017 27th Asian Session)2017に参加します。
(日時:2017年10月18日(水)~20日(金)、場所:東京大学 弥生講堂一条ホール(文京区本郷・弥生キャンパス)) 

高速・高解像度レーザーラマン顕微鏡RAMANtouch/RAMANforceの半導体測定事例を展示致します。

第2回会長室から『琥珀の夢』

代表取締役会長 河田 聡

今年、7月1日から9月5日まで、日経新聞で伊集院静さんの「琥珀の夢」という小説が掲載されました。サントリー創業者の鳥井信治郎さんの物語です。そのとき私は、たまたま北康利さんの「最強のふたり」という長編小説を読んでいました。これは信治郎さんの次男の佐治敬三さんと芥川賞受賞者の開高健さんの物語です。鳥井家は阪急宝塚線の雲雀丘に住み、雲雀丘学園を創立され、ご長男の鳥井吉太郎さんは阪急電鉄創業者の小林一三さんの娘さんとご結婚されています。私が子供の頃は、宝塚側から雲雀丘駅の次が花屋敷駅その次が能勢口駅そして池田駅でした。小林家は池田にありました。佐治敬三さんは池田師範学校の附属小学校(今の教育大付属池田)に通い、池田駅の次の石橋駅にあった旧制の府立浪速高等学校に尋常科から通われました。そして当時の大阪帝国大学に入学されます。長々とこの説明をするのは私の父が佐治敬三さんと同じ世代で浪高尋常科・浪高・阪大と同窓であり、私は池田に生まれて学芸大付属池田(今の教育大付属)から阪大に進んだので、少なからぬ縁を感じるからです。

さて、私が鳥井信治郎氏を特にすばらしいと感じるのは、何百年もの間もっぱら清酒を嗜んできた日本人に、テイストも風味もまるで異なるウイスキーなる飲み物を教えて普及させ、そしてビジネス化に成功されたからです。当時、だれもウイスキーを欲してはいなかったはずです。それが、都会から場末まで日本中にトリス・バーが並び、若者から年寄りまで角瓶とオールドで巷の夜を楽しむという文化を創ったのです。

ラマン顕微鏡も、こんな風に普及すればいいなと憧れます。光学顕微鏡、顕微赤外装置、そして電子顕微鏡に満足していた世界の人たちにはじめてラマン顕微鏡を発表して、12年が経ちました。「ラマン顕微鏡のマーケットは大きくない。ニッチ産業だ。値段が高すぎる」と、言われ続けてきました。いまでこそライバルに脅かされてるようになってきましたが、まだまだ広く普及しているとはとても言えません。X線CTが発明された1980年頃、CTメーカーの人たちはお医者さんたちに「断層写真など要らない。これまでのX線撮影装置で十分だ」と言われました。しかしその後CTスキャナーはあっという間に世界中の病院に普及しました。普及に至るまでのメーカーや商社の営業と宣伝の努力・能力とそのための資金も大きかったのだろうと思います。ラマン顕微鏡もCTスキャナーやサントリー・ウヰスキーのようになりたいものです。

サントリーのビールへのこだわりにも圧倒されます。何十年、何世代かかっても諦めることなくついに業界の中で確固たる地位を占めるまでに至ったのは、個性と品質への強いこだわりと思い入れの結果なのでしょう。そしてこれを実現することができたのは、50年のビール・ビジネスへの思いと支える経営能力と経営努力があったからなのだろうと思います。たった14年の歴史のナノフォトン社が、この二つの小説から学ぶことはとても大きいと思います。

2017年10月1日
ナノフォトン株式会社
代表取締役会長 河田 聡