ナノフォトンは2020年5月28日(木)から、お客様向けのオンラインセミナーを開催します。まずは「ラマン分光イメージング入門編」として、分野を絞らずにさまざまな分析事例を豊富に取り上げ、ラマン分光イメージングでできることを紹介します。今後、定期的に実施し、分野ごとのセミナーも予定していますので、是非ご参加ください。

現在決まっている予定は下記の通りです。

第1回オンラインセミナー【入門編】 5月28日(木)午前10~11時 ※盛況のうちに終了しました。
第2回オンラインセミナー【入門編】 6月 4日(木)午前10~11時 ※盛況のうちに終了しました。
第3回オンラインセミナー【中級編】 6月11日(木)午前10~11時
第4回オンラインセミナー【測定編】 6月25日(木)午前10~11時

代理店向けのセミナー実施

お客様へのセミナー開催に先立ち、5月21日に代理店向けのセミナーがZoomを使って行われました。その様子をレポートします。

この日はまず、ナノフォトンの藤原健吾取締役(写真手前)が「最先端のラマン顕微鏡について、皆様を通じてお客様に伝えていただければありがたいです」などとあいさつしました。

次に東京ショールームから、アプリケーションズエンジニアの社員が話しました。ラマン分光法の強みとして「無機物、有機物、固体、液体、気体など金属以外は何でも測定できます。350nmの高い空間分解能で、深さ方向にも1μm以下の分解能があります」などとスライドを示して説明しました。

さらに、ラマン分光分析で分かることとして、
 1)製品に混入した異物を特定
 2)物質の結晶形の区別
 3)分子構造の変化を分析
 4)結晶性を評価
 5)半導体材料の残留応力の評価
 6)配向性を評価
と示し、ラマン顕微鏡の性能を個別に分かりやすく解説しました。

代理店の方から、「いい内容だった」との声が上がりました。藤原取締役は「初回はラマン顕微鏡を広く知っていただくための入門者向けの内容ですが、今後アプリケーション別のセミナーなどアドバンスコースも予定しています。ぜひご期待ください」と話しています。