大阪大学大学院工学研究科の熊本康昭助教は学生の時からラマンの研究に携わり、現在も医療に応用するため生体試料の測定などに取り組んでいます。これまでどのような研究をし、これから何を目指すのか、お話をうかがいました。

インタビュー記事はここからご覧ください。