連載企画 TERSをスタートします!

先端増強ラマン散乱(TERS)を用いることで、これまでにない分解能を実現するラマン顕微鏡が実現できます。ナノフォトンの製品、TERSsenseも先端増強ラマン散乱を用いた超解像ラマン顕微鏡の一つです。

しかしながら、TERSの仕組みを分かりやすく紹介する資料はこれまで手軽に手に入りませんでした。本企画では、TERSの原理から実験手法の紹介、そして少し難しいところまで踏み込んだ特集を行います。

続きを見る 連載企画 TERS

現在のところ、第4回までを予定しています。TERSについて知りたいことなどありましたら、ご遠慮なく、問い合わせフォームよりメッセージをお送りください。

FOM2019にナノフォトン製品が出展されます

国際顕微鏡学会 Focus on Microscopy 2019にナノフォトン製品が出展されます。

Focus on Microscopy(FOM) 2019
2019年4月 14日〜17日
Queen Elizabeth II conference centre, London, United Kingdom

Laser Quantum” 社のブースにて展示を行います!
ブースナンバーは #85です。

【測定テクニック】第13回 光の侵入深さについて を公開しました

新しい記事を公開しました。

詳しくは下をクリック!

電気化学会第86回大会に参加します。

電気化学会第86回大会に参加します。

The 86th ECSJ Spring Meeting, 2019

電気化学会の詳細はこちら
https://confit.atlas.jp/guide/event/ecsj2019s/static/summary

会期:2019年3月27日(水)〜29日(金) 会場:京都大学吉田キャンパスhttps://confit.atlas.jp/guide/event/ecsj2019s/static/access

【展示】
3月27日(水)~3月29日( 金)
展示会場:京都大学吉田キャンパス 吉田南総合館 1Fベルラウンジ

応用物理学会 春季講演会にて発表および出展いたします。

「応用物理学会 春季講演会」にて、講演およびランチョンセミナーを行います。
また、展示会エリアに出展いたします。新機能や新製品情報をご覧いただけますので、ぜひお越しください。

応用物理学会 春季学術講演会
2019年3月9日(土)〜12日(火) 東京工業大学 大岡山キャンパス
The 66th JSAP Spring Meeting, 2019

【口頭講演(Oral Presentation)】
『モンテカルロ顕微鏡:提案と実証』
日時:2019年3月10日(日)9:00 – 9:15
場所:M116
発表者:河田聡

【ランチョンセミナー】
『ナノフォトン のラマンイメージングが、あなたの分析を変える!最先端のレーザーラマン顕微鏡を用いた最新分析事例のご紹介』

日時:2019年3月10日(日)12:15 – 13:00
場所:W641/80名会場
講演者:足立真理子
ランチョンセミナー参加申込みは 『応用物理学会春季学術講演会 公式ホームページ』から
【展示】
日時:2019年3月9日(土) ~ 12日(火)
場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 体育館1階
No.A-19

TERSの記事を寄稿しました

弊社社員の余俊および齋藤広大が、Comprehensive Nanoscience and NanotechnologyにTERSの記事を寄稿し、その書籍が出版されました。 また、TERSの記事が掲載されているVol.4を会長の河田聡が編纂しております。

Comprehensive Nanoscience and Nanotechnology

ISBN:978-0-12-812296-9
出版:Elsevier

4.02 – Tip Enhanced Raman Microscopy
著者:田口助教(大阪大学)、余俊、齋藤広大

第12回会長室から『Genovaの橋』

代表取締役会長 河田 聡

今年最後の海外出張は、北イタリアのジェノバでのラマン顕微鏡の講演でした。ジェノバはイタリアの国立研究所がある町ですが、それよりもアメリカ大陸発見のコロンブスが生まれた町として知られています。ジェノバ港はイタリア最大の貿易港です。地中海に面した崖っぷちの山岩を削って何世紀も掛けてできあがった立体的な街並みは美しく、私の最も好きな街の一つです。歩くには急すぎる坂道や建物の上を通る陸橋やトンネルが複雑に交差し、道路の途中にはエレベーターまであります。しかも、観光客が少ないのがいいですね。

そのジェノバで今年の8月、高さ50メートルのつり橋が崩壊しました。フランスとイタリアをつなぐ高速道路の途中の高架橋で、私がジェノバに来たときにはいつも通る道です。山の中腹のトンネルから出ると、いきなりこの橋からの絶景が現れます。それが突然に崩れ落ちて、数十台の車が落下して43人が亡くなりました。日本でもテレビで大きなニュースになりました。国立研究所の友人によれば、潮風にさらされてコンクリート鋼材の腐食が進んでいたそうです。優れたデザインだけども構造は脆弱だとも言われていたそうです。危険性が指摘されていたのにもかかわらず、イタリアは財政危機で予算が足りず、政権は不安定で、鉄橋の下に住む人たちは補強工事の騒音を嫌い、補強工事が間に合わないままに崩壊してしまいました。その後は政治化してしまって、復旧工事は始まっていません。

橋やビル、トンネル、堤防などに突然に崩壊が起きることは、完璧には防ぎ得ないことです。そのとき大切なことは、トラブルから逃げ出したり責任の押しつけあったり非難の応酬をするのではなく、立場の違う人々が互いに補い合い協力しあって問題を解決することだと思います。

ナノフォトン社は今年になって売上げが急増し、営業も製造もサービスも限界を超える忙しさです。そうなると、売上げ台数の増加に応じて出荷前・出荷時のトラブルも増えます。仮にトラブルが起きたとしても、ナノフォトン社では社員みんなが互いに補い合って協力しあって、問題解決をしていきたいと思います。

ナノフォトンの近くにある大阪・箕面の瀧道が、先日ようやく復旧しました。昨年の秋の台風21号で土砂崩れなどの大きな被害を受け、さらに今年の秋の大地震とその後の台風による被害を受けて1年以上不通でした。滝道から見る渓谷や瀧安寺の堂宇には今も災害の傷跡が深く残されており、災害当時の木々と野生の動物と人々の恐怖を覚えます。

今年一年は、世界中で記録的な災害や多くの紛争がありました。人の知恵とはこんな時にこそ問題解決に向けて発揮されるべきだろうと思います。今年も一年、ナノフォトンをご支援いただきありがとうございました。

2018年12月27日
ナノフォトン株式会社
代表取締役会長 河田 聡

第59回電池討論会に参加します。

第59回電池討論会に参加します。

会期:2018年11月27日(火)-11月29日(木)
会場:大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)
〒812-0032 大阪市北区中之島 5-3-51

新しく、全固体二次電池の分析とそのアプリケーションをご紹介します。正極の活物質や負極に用いられる炭素材料等の評価にラマン分析は大活躍します。350nmの空間分解能で電極のわずかな変化も分析可能です。

【展示】
11月27日(火)〜29日(木)

展示会場;3Fイベントホール
小間番号:64番
ブースにてお待ちしております。

第11回会長室から『ニュートンに消された男』

代表取締役会長 河田 聡

中学の理科の教科書に、「フックの法則」というのが出てきます。バネを引っ張る力とバネの伸びる長さが比例するという法則です。この発見で有名なロバート・フックは、このほかにも、気圧を測定したり真空ポンプを作製しています。しかし彼のもっと重要な力学や光学における貢献を、私たちは学校で学びませんでした。それは遙か昔からのことのようです。フックが考案したり発明した様々な装置はおろか、彼自身の肖像画すらこの世に残っていないというのです。

どうして?

中島秀人さんは、ニュートンがフックを歴史から消したのかもしれないと言います(『ロバートフック:ニュートンに消された男』朝日新聞社、1996)。ニュートンは他人との関係で極めて難しい人であったらしく、年上で有名だったフックには対しては特に攻撃的(お互いですが)であったそうです。ダンブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』(2003)では、ニュートンはフリーメーソンの中心メンバーであり、秘密結社シオン修道会の総長でした。ニュートンは学問にだけ熱中していると想像しがちですが、そのイメージとはまるで違っていたようです。

虫や鉱物や雪の結晶などを顕微鏡で観察して精密にスケッチしたことで有名なフックは、このフックと同一人物です。『ミクログラフィア』(1665年)の著者です。この本の中で、彼は顕微鏡でコルクのハニカム構造の要素を『cell』と呼んでいます。フックは細胞(植物)をcellと名付けた人でもあります。この本では、毛細管現象や気圧の測定や、さらには『引力』の法則についても述べています。フックより7歳年下であったニュートンは、学生の時にこの本を読んで学んだとのことです。そうです、ニュートンよりも先にフックが万有引力を発表しているのです。有名な「ニュートン・リング」についても、『ミクログラフィア』に2枚のガラスの隙間が虹を生み出すことが示されています。光の粒子性をとったニュートンに対して、フックは光は波動であるとの立場でした。白雲母の薄膜の虹などを観察しており、波の干渉効果を理解していたのでしょう。

ニュートンが考案したとされる反射望遠鏡に対して、フックは批判的だったとのことです。彼はガラスレンズからなる屈折望遠鏡の方が反射望遠鏡より優れていると考えていました。反射望遠鏡には色収差と球面収差はないのですが、金属に曇りが生じます。屈折率分散の異なる材料を2種類を使えれば屈折系(透過型)でも色収差は補正できるので、透過型の方が優れているというのです。実際、顕微鏡対物のほとんどすべては多数のレンズ群から成る屈折光学系です。一方、望遠鏡では鏡筒長が短い反射型が多く使われます。

私たち光科学者のバイブルとも言える『光学』をニュートンが出版したのは、ロバート・フックが亡くなった翌年のことです。それまで待ったのでしょうか。メンデルも同世代に活躍したダーウィンの「進化論」の陰に隠れて「遺伝の法則」が評価されることはありませんでした。評価されたのは、本人が亡くなってずっと先のことです(たしか、渡辺政隆『一粒の柿の種』岩波書店、2008)。

さて、ナノフォトン社の話です。このたびナノフォトン社は深紫外・紫外用の顕微鏡対物レンズ「sumilé」を設計製作し、販売を始めました。この対物レンズは深紫外のみならず近赤外まの広い帯域をカバーします。高NAで高い透過率を持つ深紫外対物レンズはこれまで世の中に在していなかったため、お客様に好評です。ただ値段が高くてごめんなさい。そして、この対物は反射対物です。ニュートン式ではなくカセグラン式です。もしフックが生きていたら、ナノフォトンのこの反射対物を褒めてくれたでしょうか?

註:この原稿の元となった中島秀人氏の本『ロバートフック:ニュートンに消された男』は、お薦めです。ダビンチ・コードについては、私自身が2004年6月の今月のメッセージに「ダ・ビンチ」というタイトルで書いています。

2018年9月29日
ナノフォトン株式会社
代表取締役会長  河田 聡

ラマン分析機器事業における業務提携を開始

株式会社日立ハイテクノロジーズ
ナノフォトン株式会社

ラマン分析機器事業における業務提携を開始

株式会社日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:宮﨑正啓/以下、日立ハイテク)とナノフォトン株式会社(代表取締役会長:河田聡/以下、ナノフォトン)は、このたび、ラマン分析機器事業における業務提携(以下、本提携)を開始しました。本提携のもと、日立ハイテクはナノフォトン製ラマン顕微鏡の販売機能の一部を担うとともに、両社でラマン分析機器の製造・開発を開始します。製造・開発・販売において協業することで、ラマン分析機器の新たなソリューションの提供をめざします。

 ラマン顕微鏡は、試料にレーザーを照射することで僅かに発生するラマン散乱光*1を検出し、分子構造や結晶構造、化学組成、応力、歪みなど、さまざまな物性を測定する分析機器です。非破壊・非接触で前処理なく大気中での測定が可能で、試料の状態を変化させることなく物質そのものの定性情報を取得できることから、材料、半導体、バイオ・メディカルなどの幅広い分野で、活用されています。

 日立ハイテクは、電子顕微鏡・科学機器を擁する科学システム事業のさらなる事業拡大をめざし、特定の新分野でそれぞれのニーズに応える高付加価値専用機の開発・拡販に注力しています。
 またナノフォトンは、ラマン分析機器の開発に特化した世界有数の技術力を有する企業で、回折限界*2に迫る空間分解能と高い三次元分解能を誇り、独自技術により高速イメージング*3などを実現したラマン顕微鏡を提供しています。

 本提携により、日立ハイテクはナノフォトン製ラマン顕微鏡の販売機能の一部を担い、また両社でラマン分析機器の新製品の製造・開発を推進することで、ラマン分析事業における一貫協力体制を構築します。日立ハイテクの電子顕微鏡・科学機器の製造・開発で培った高い技術力およびグローバル営業力と、ナノフォトンの独自技術である高速イメージングをはじめとするラマン分析機器に関する高い技術力により、ラマン分析機器に関する新たなソリューションの提供をめざします。

*1ラマン散乱光:光を物質に照射した際に、僅かに発生する照射した光と異なる波長を持つ光
*2回折限界:光学系の持ち得ることのできる解像力の限界
*3イメージング:試料が持つ分子構造や物性の空間分布の視覚化

■日立ハイテクの概要

(1)名称株式会社日立ハイテクノロジーズ
(2)所在地東京都港区西新橋一丁目24番14号
(3)代表者宮﨑 正啓
(4)事業内容科学・医用システム、電子デバイスシステム、産業システム、先端産業部材といったエレクトロニクス関連を中心とする各種商品の販売および製品の製造・販売並びに、それらの取引に関連する保守・サービス等の提供
(5)設立年1947年

■ナノフォトンの概要

(1)名称ナノフォトン株式会社
(2)所在地大阪市北区梅田一丁目1番3-267号
(3)代表者河田 聡
(4)事業内容ラマン顕微鏡をはじめとする最先端理化学機器の開発・製造・販売
(5)設立年2003年

■お問い合わせ先

株式会社日立ハイテクノロジーズ
科学・医用システム事業統括本部
科学システム営業本部
担当:杉本 TEL:03-3504-6111

ナノフォトン株式会社
営業本部
担当:藤原 TEL:06-6878-9911

■報道機関お問い合わせ先

株式会社日立ハイテクノロジーズ
CSR本部
CSR・コーポレートコミュニケーション部
担当:佐野、佐藤 TEL:03-3504-3933

ナノフォトン株式会社
マーケティング部
TEL:06-6878-9911