ナノフォトンセミナーを開催いたします!

6月26日にナノフォトンの最新機種を用いたラマン分光実演セミナーを、ナノフォトン東京ショールームにて開催いたします。

様々な分析事例を取り上げながら、わかりやすくラマン分光手法を解説し、実際にナノフォトンのラマン顕微鏡RAMANtouchを用いながら実演いたします。ナノフォトンのアプリケーションエンジニアが行いますので、ラマン分光法の分からないところなどを詳しく聞くことができます。

定員8名につき、お申し込みはお早めにお願いいたします。

詳細はこちら

連載企画 TERS 第2回を掲載いたしました

人気企画、「連載企画TERS」の第2回を掲載いたしました。

今回は、探針先端のナノサイズの光を利用して、どのようにラマンイメージングを行うのか?という内容に焦点をあてて解説しています。

TERSシステムの装置構成を詳しく紹介!

日本薬剤学会第34年会 に出展いたします

日本薬剤学会第34年会
展示会場:富山国際会議場3階ホワイエ
ブース番号「39」

住所:〒930-0084 富山市大手町1-2
Tel:076-424-5931
会期:
2019 年5 月16 日(木) 9:00 ~18:00  
2019 年5 月17 日(金) 9:00 ~18:00
2019 年5 月18 日(土) 9:00 ~15:00

連載企画 TERSをスタートします!

先端増強ラマン散乱(TERS)を用いることで、これまでにない分解能を実現するラマン顕微鏡が実現できます。ナノフォトンの製品、TERSsenseも先端増強ラマン散乱を用いた超解像ラマン顕微鏡の一つです。

しかしながら、TERSの仕組みを分かりやすく紹介する資料はこれまで手軽に手に入りませんでした。本企画では、TERSの原理から実験手法の紹介、そして少し難しいところまで踏み込んだ特集を行います。

続きを見る 連載企画 TERS

現在のところ、第4回までを予定しています。TERSについて知りたいことなどありましたら、ご遠慮なく、問い合わせフォームよりメッセージをお送りください。

FOM2019にナノフォトン製品が出展されます

国際顕微鏡学会 Focus on Microscopy 2019にナノフォトン製品が出展されます。

Focus on Microscopy(FOM) 2019
2019年4月 14日〜17日
Queen Elizabeth II conference centre, London, United Kingdom

Laser Quantum” 社のブースにて展示を行います!
ブースナンバーは #85です。

【測定テクニック】第13回 光の侵入深さについて を公開しました

新しい記事を公開しました。

詳しくは下をクリック!

電気化学会第86回大会に参加します。

電気化学会第86回大会に参加します。

The 86th ECSJ Spring Meeting, 2019

電気化学会の詳細はこちら
https://confit.atlas.jp/guide/event/ecsj2019s/static/summary

会期:2019年3月27日(水)〜29日(金) 会場:京都大学吉田キャンパスhttps://confit.atlas.jp/guide/event/ecsj2019s/static/access

【展示】
3月27日(水)~3月29日( 金)
展示会場:京都大学吉田キャンパス 吉田南総合館 1Fベルラウンジ

応用物理学会 春季講演会にて発表および出展いたします。

「応用物理学会 春季講演会」にて、講演およびランチョンセミナーを行います。
また、展示会エリアに出展いたします。新機能や新製品情報をご覧いただけますので、ぜひお越しください。

応用物理学会 春季学術講演会
2019年3月9日(土)〜12日(火) 東京工業大学 大岡山キャンパス
The 66th JSAP Spring Meeting, 2019

【口頭講演(Oral Presentation)】
『モンテカルロ顕微鏡:提案と実証』
日時:2019年3月10日(日)9:00 – 9:15
場所:M116
発表者:河田聡

【ランチョンセミナー】
『ナノフォトン のラマンイメージングが、あなたの分析を変える!最先端のレーザーラマン顕微鏡を用いた最新分析事例のご紹介』

日時:2019年3月10日(日)12:15 – 13:00
場所:W641/80名会場
講演者:足立真理子
ランチョンセミナー参加申込みは 『応用物理学会春季学術講演会 公式ホームページ』から
【展示】
日時:2019年3月9日(土) ~ 12日(火)
場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 体育館1階
No.A-19

TERSの記事を寄稿しました

弊社社員の余俊および齋藤広大が、Comprehensive Nanoscience and NanotechnologyにTERSの記事を寄稿し、その書籍が出版されました。 また、TERSの記事が掲載されているVol.4を会長の河田聡が編纂しております。

Comprehensive Nanoscience and Nanotechnology

ISBN:978-0-12-812296-9
出版:Elsevier

4.02 – Tip Enhanced Raman Microscopy
著者:田口助教(大阪大学)、余俊、齋藤広大

第59回電池討論会に参加します。

第59回電池討論会に参加します。

会期:2018年11月27日(火)-11月29日(木)
会場:大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)
〒812-0032 大阪市北区中之島 5-3-51

新しく、全固体二次電池の分析とそのアプリケーションをご紹介します。正極の活物質や負極に用いられる炭素材料等の評価にラマン分析は大活躍します。350nmの空間分解能で電極のわずかな変化も分析可能です。

【展示】
11月27日(火)〜29日(木)

展示会場;3Fイベントホール
小間番号:64番
ブースにてお待ちしております。