2020年5月27日号 オンラインセミナー始めます/藤原取締役インタビュー

政府の緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス禍の終息は見通しが付かない状態です。ナノフォトンは今回の緊急事態宣言を契機にさまざまなオンライン化や在宅勤務を進めており、従来は会場で行っていたセミナーもオンラインで実施することにしました。初回の5月28日は既に申し込み定員に達しましたが、その後も定期的に実施する予定です。詳細は下記のリンクからご覧ください。

さて、今回のコンテンツです

藤原健吾取締役インタビュー「急拡大するマーケット」
ラマン顕微鏡は今、半導体や二次電池、ナノカーボン、ポリマーなど幅広い分野で活用されています。しかし、営業担当の藤原健吾取締役がナノフォトンに移った2011年当時、ラマン顕微鏡の知名度は低く、「ラマンって何?」と聞かれることが多かったそうです。藤原取締役に、急速に拡大したラマン顕微鏡のマーケットについて語っていただきました。
(今すぐ読む)

オンラインセミナー「ラマン分光イメージング入門」を定期開催します
分野を絞らずにさまざまな分析事例を豊富に取り上げ、ラマン分光イメージングでできることを紹介します。入門編だけでなく、分野ごとにさらに詳しく説明するセミナーも予定しています。是非、ご参加ください。(スケジュールなどの詳細はこちら

<<過去のNewsから>>
5月1日 MacBook、iPadをプレゼントします
4月10日 ナノフォトンは元気に活動しています!
4月7日 新製品RAMANwalkの発売を開始しました

【編集後記】
新型コロナウイルスの緊急事態宣言が大阪や兵庫で解除されてから初の週末が過ぎ、ナノフォトンの社内からも「日曜に大阪ミナミの新世界で様子を見てきた」「神戸の南京町も人出が戻っていた」などの声が聞こえてきました。早く正常に戻ってほしいものです。(メルマガ編集長・根本毅)

2020年5月13日号 河田会長インタビュー「危機をチャンスに」/メルマガ始めました

新型コロナウイルスの感染拡大で経済が停滞し、皆様もさまざまな影響を受けていることと存じます。私たちナノフォトン(株)も厳しい現実に直面していますが、メンバーは全員元気で、危機をチャンスに変えようと奮闘しています。皆様とともに危機を乗り越えられたらと思います。

さて、ナノフォトンはホームページの充実など情報発信にさらに力を入れる一環として、「メルマガ・ナノフォトン」を定期発行することにいたしました。

編集長は、3月まで新聞記者だった根本毅が務め、外部の視点も取り入れてナノフォトンの紹介などさまざまな情報を提供させていただきます。第1回の今号は、創業者で会長の河田聡のインタビューをお届けします。今後、さらに内容を充実させますので、よろしくお願いいたします。

河田聡会長インタビュー「危機をチャンスに」
2003年に創業したナノフォトンは、ベンチャービジネスが共通して直面する「死の谷」を乗り越えて生き残り、現在に至ります。それでも、河田会長は「今回の新型コロナ禍は7回目の危機に当たる」と話します。ナノフォトンは今、どんな活動をしているのでしょうか。河田会長に聞きました。(今すぐ読む)

<<最近のNewsから>>
5月1日 MacBook、iPadをプレゼントします
4月10日 ナノフォトンは元気に活動しています!
4月7日 新製品RAMANwalkの発売を開始しました

【編集後記】
新聞社の科学担当記者としてSTAP細胞問題を取材していたころに河田会長と知り合い、その縁で情報発信のお手伝いをさせていただくことになりました。ナノフォトンやラマン顕微鏡の世界について勉強し、そこで知った面白さをお届けしようと思います。よろしくお願いいたします。(メルマガ編集長・根本毅)