河田 聡
Satoshi Kawata
代表取締役会長兼社長

阪大で学位を取得後、1979年からアメリカでポスドクを経験。その頃のカリフォルニアでは、教授や学生が会社を作って自宅のガレージで小さな会社を興し、Steve JobsたちのAppleが登場し、大学発スタートアップに大いなる影響を受ける。しかし日本に帰ってきたら、文明は開化していなかった。それから20年以上を経た2003年に、ナノフォトン株式会社を創業。国立大学が独法化する前であり、大学から認可を得るのに大変苦労をした。阪大教授、理化学研究所主任研究員、応用物理学会会長などを経て、阪大退職後の2017年から社長として会社の経営を行う。応用物理学、ナノテクノロジー、フォトニクスの科学者。現在は、セレンディップ研究所主任研究員、阪大名誉教授、理研名誉研究員、科学技術振興機構のCREST「革新光」の総括、2022年にOSA(米国光学会)会長など。2007年に紫綬褒章を受章。

藤原健吾
Kengo Fujiwara
取締役専務

1996年ITディストリビュータ大手のダイワボウ情報システム株式会社に入社。法人営業や仕入業務に従事。2002年より本社経営企画室に配属。中期経営計画策定、全社横断プロジェクト、IR業務などを手掛ける。2011年ナノフォトンに参画。取締役就任。財務・総務・法務・人事等、バックオフィス関連業務全般を担当する。2017年からは営業・国際業務を担当、同社製品の海外展開を推進する。2020年4月子会社Nanophoton Koreaの取締役を兼任。2020年6月、取締役専務就任。財務・管理・営業・国際業務を管掌する。信条は「事上磨錬」。趣味は野球。少年野球チームに携わり、子どもたちの成長や可能性の発掘、地域社会への貢献に寄与すべく取り組んでいる。1974年生まれ。グロービス経営大学院経営研究科経営専攻修了。MBA。

小林 実
Minoru Kobayashi
取締役技術担当

1978年生まれ。少年時代は電化製品など何でも分解するのが趣味だった。NHKの電子立国日本の自叙伝を見てエンジニアの道に進むことを決める。大阪大学工学研究科の修士課程在学中に取り組んだ第二高調波顕微鏡がナノフォトンの第1号製品となる。学位を取得後、成長する企業で中心的な役割を果たしたいとの思いから、ナノフォトン株式会社に入社。その後一貫して製品開発に携わる。2017年より取締役技術担当に就任し、研究・開発・製造・サービスを管掌する。

金 孝珍
Hyo Jin Kim
取締役アジア担当

米国での博士課程において、Analyte社と現在も市販されているグロー放電型原子吸光分析装置を共同開発した。その後韓国に帰国、すぐに自身でSpectrontech社を設立し、液体放電、DC/RFグロー放電、ポータブルNIR分光器、皮膚水分測定器などの様々な分析機器を開発した。
2005年、グローバルビジネスの経験を積み重ねるため、ドイツのBruker Optics社に入社、韓国にはじめての現地支店を設立した。また、東南アジアのエリアマネージャーとして従事し、香港、台湾、シンガポール、タイ、マレーシアの5つの現地オフィスとインドネシア、フィリピン、ベトナムにおける地域販売代理店を束ねた。
2016年にNanophoton Koreaに参画し、当社韓国法人の現地オフィスとシンガポール、マレーシア、タイの販売代理店を立ち上げた。2020年4月、Nanophoton Koreaの代表取締役に就任。2020年6月には本社の取締役に就任している。