足立 真理子|セールス&アプリケーションズエンジニア

名前:足立 真理子
ポジション:セールス&アプリケーションズ
エンジニア
入社年:2014年7月

ーー 現在の仕事の内容を教えてください。

足立:お客様への測定デモンストレーションや製品紹介を行い、装置の良さを伝えたり、お客様のニーズを調査したりするお仕事をしています。市場拡大のためのアプリケーション開発や、営業全般業務も行っています。

ーー ナノフォトンでの仕事の一番の魅力はどこですか。

足立:ナノフォトンでは開発、設計から製造、販売までのすべてを自社で行い、部署間で頻繁に情報共有をしながら仕事を進めています。そのため、1社員の小さな意見も顧客のためになることであればすぐに商品に反映されていくところが一番の魅力です。また、ラマン顕微鏡は広く使える分析装置なので、様々な分野・立場の方と接する機会があることも大きな魅力ですね。医薬品や食品など身近な商品を開発している方やその品質を支えている方、各分野の大学教授や研究者、全国の学生さんなどとお話ができるのはとても楽しいです。

ーー チームワークによって達成できた事例を教えてください。

足立:RAMANdriveの商品化と販売です。入社後、最初に携わった仕事だったのですが、お客様が抱えておられる課題をヒアリングし、当社の技術力を生かして新たなソリューションをご提案しました。開発、製造、営業、マーケティング、知財、総務と全部門のエンジニアが協力して商品化することで、お客様のご要望通りの製品をお届けすることができました。誰が欠けても、達成できなかったと思います。

ーー ナノフォトンでの仕事を通じて成長できたことを教えてください。

足立:相手にどうしたらわかりやすく伝えられるか、興味を持っていただけるか、そのためにはどんなプレゼンや報告、会話をしたらいいか、考える力をかなり鍛えられました。とはいえ、まだまだ未熟なんですが(笑)。あと、少しだけ、度胸も付いたと思います!

塩崎 祐介|商品開発・製造・サービスエンジニア

名前:塩崎 祐介
ポジション:商品開発・製造・サービスエンジニア
入社年:2013年4月

ーー 現在の仕事の内容を教えてください。

塩崎:主に商品開発を担当しており、製品の新機能開発を行っています。ユーザーの要望を取り入れられるように、装置の設置やメンテナンス作業も担当しています。

ーー ナノフォトンへの入社の決め手は何でしたか。

塩崎:人と環境ですね。学生のときから開発アシスタントとして関わっていたのですが、信頼できるエンジニアと一緒に仕事をすることに魅力を感じるようになって、ナノフォトンへの入社を決めました。少人数で一人一人の責任が大きい環境でチャレンジできる点も大きな魅力でした。

ーー ナノフォトンの仕事にやりがいを感じるのはどのような時ですか。

塩崎:自分が新しく開発した機能で、これまでできなかった測定ができるようになったり、難しかった解析が簡単にできるようになったりした時です。開発の過程では、面倒な作業や作り直しもありますが、イメージしていたものができたときには頑張ってよかったと感じます。

ーー ナノフォトンでの仕事を通じて成長できたことを教えてください。

塩崎:何か課題や問題があれば、自ら解決しようと動くようになったと思います。あとは、これは解決できないなと思ったことでも、本当にできないのかあきらめずに粘り強く考えて、解決策を模索する姿勢が身につきました。