グラフは、アスベストの疑いのある試料のラマンスペクトルです。アスベストは、 アスペクト比が3:1以上の形状を持つものです。画像により、クリソタイルが形状が針状に なっている部分がアスベストとわかります。RAMANtouch/RAMANforceでは1μm以下のアスベストの検出が可能です。

クリソタイルのスペクトルとアスベストのラマン画像

グラフはアスベストの材質となるクロシドライト、アクチノライト、クリソタイル、アモサイトの ラマンスペクトルを示しています。それぞれ固有のラマンピークを有することがわかります。このように ラマンスペクトルを測定・観察することで、種々のアスベストの識別をすることができます。