視野を広げた、新しいラマン。広視野ラマンスコープ RAMANview


「超広視野」「深い焦点深度」「高空間分解能」「超長作動距離」ーー
コンパクトな筐体に秘めた4つのバリューが、多彩なラマン分光分析を可能とします。

センチメートルの広視野を、ラマン分光で見る。

実体顕微鏡の対物レンズに最適化した光学系を搭載したRAMANviewは、極めて広い観察視野を備えます。1cm以上の大きな試料でも、全体像をしっかり観察して測定部位を選択。電動ステージによる時間のかかるイメージングではなく、超高速なレーザービーム走査を採用し、大面積観察と高速性能を完璧に両立させました。

広視野ラマンイメージングの視野サイズの例

左)サンプル(ダイヤモンドやすり)と測定部位。
右)広視野ラマンイメージ。
 

対物レンズの倍率と、イメージング視野の関係

 

ピント合わせを不要にする、深い焦点深度。

RAMANviewの焦点深度は、約1.8mm(0.5倍対物レンズ使用時)。試料表面に1mmや2mmの高低差があっても、ピント合わせを気にせずラマンイメージングできます。この深い焦点深度は、バルク測定にも威力を発揮。測定場所によるバラツキや、ポリ袋などの薄い層の影響を受けずに、バルクのスペクトルを得ることができます。

深い焦点深度をいかしたイメージング例

左)錠剤の外寸。右)錠剤側面のラマンイメージ。
 

対物レンズの倍率と、焦点深度の関係

 

顕微ラマンのレベルに迫る、高い空間分解能。

高い空間分解能が求められる分析シーンでは、高倍率レンズが威力を発揮します。右のデータは、直径1ミクロンのダイヤモンドビーズを2倍の対物レンズでイメージングしたデータです。点線に沿ったピーク強度プロファイルより、2.5ミクロンの空間分解能が発揮できていることが分かります。局所領域の微粒子のイメージングや数%の低含量物質の検出も、RAMANviewなら簡単に測定できます。

RAMANviewの空間分解能評価

左)Φ1μmのダイヤモンドビーズのラマンイメージ。
右)ピーク強度プロファイル。
 

RAMANviewとRAMANforceでの空間分解能の比較(SiC結晶多形の分布イメージング)

4H-SiC 6H-SiC
 

測定シーンを広げる、超長作動距離。

RAMANviewの作動距離は約7cm(0.5倍対物レンズ使用時)。深い容器の底にある試料にもレーザービームが届くため、ラマン分光測定の適応シーンをさらに広げます。レンズから測定面までの距離がゆったり取れるため、サンプルと対物レンズがぶつかる心配もありません。窓材越しの測定や容器の中身の測定にも対応できます。

高さ45mmのバイアル瓶に入った試料の測定

左)RAMANviewなら余裕たっぷり。
右)顕微ラマンでは破損の恐れあり!
 

対物レンズの倍率と、作動距離の関係