先端増強ラマン散乱顕微鏡 TERSsense

前人未到のナノイメージングの世界へ。TERSsense

ナノフォトンから待望のTERS顕微鏡がデビューします。回折限界を超えた空間分解能と増強効果により、前人未到のナノラマンイメージングの世界を切り開きます。

10nmの空間分解能で見るラマンイメージ

CNTおよびグラフェンのTERSイメージングのデータを示します。CNTのデータでは、半値全幅より14nmの空間分解能でイメージングできていることが分かります。グラフェンのDバンド強度イメージでは、アームチェアエッジの分布を明瞭に観察できました。このように、回折限界を超えて10nmオーダーの空間分解能でラマンイメージングができる点が、ナノフォトン社製TERSsenseの最大の魅力です。



CNTのTERSイメージと空間分解能評価
グラフェンのTERSイメージ

性能保証されたプローブを備えた本物のTERS顕微鏡

ナノフォトンが開発した先端増強ラマン散乱顕微鏡TERSsenseは、大阪大学河田研究室・フォトニクスセンターの研究成果の技術移転によるものです。河田研究室が持つプローブ製作技術を活用することで、再現性と増強効果を保証している点が最大の特長です。プローブは出荷前に全数検査され、性能保証付きでお客様へ提供されます。プローブと金属コート基板でサンプルを挟む(ギャップモード)必要はなく、プローブだけで高い増強効果と再現性を発揮します。また、透過型の装置構成を採用しているため、NA1.4という高開口数の対物レンズが使用でき、極めて感度の高い測定が可能です。

製品開発ストーリーはこちら。

先端増強ラマン散乱(TERS)顕微鏡とは

先鋭な金属ナノ探針(プローブ)を用い、その先端のナノ構造によりラマン散乱を局所的に増強することで、空間分解能を飛躍的に高めたラマン顕微鏡です。通常のレーザーラマン顕微鏡と原子間力顕微鏡(AFM : atomic force microscope)を組み合わせた装置で、AFM用カンチレバー探針に金属薄膜をコートしたプローブが用いられています。